東雲揺羅の伝言板

とある半野良犬的性格の輩が管理するブログ。 主に内容は、日常時々趣味のちヲタ(何)ブログ内の画像のコピーや転載は禁止です。
東雲揺羅の伝言板 TOP  >  2008年07月

お呼ばれに行ってきました

今日はネットカフェからの更新です。

たむたむ君の家へ行ってきました。
目下の課題は、迷わずに辿り着けるかだったのですが……

奇跡が起きました(何)

なんと、家手前までは一直線に道なりがなっていたため、迷うことが無かったのです!
いやはや、助かった。
そして、大通りからちょっと奥まった道へ入った瞬間。

はい、やっぱり迷いました(汗)

住宅街に入った途端、道が入り組みだしまして。
しかも、車一台くらいしか通れない道幅に対向車が通るわ、後ろから煽られるわ(涙)
一気に軽いパニック状態になってしまい、広めの道に出て脇に停車し、たまらずたむたむ君に助けを求めました。

一度奥まった道に入ったところまで戻って、そこから目印のある建物を左に行けば着くとの事で、
「その目印って何?」と聞いたところ、

「赤いポリタンク」

ちょっと待て、ポリタンクって灯油とか入れるあれだよな(汗)
それって、何かの弾みに撤去されてた場合、目印にならないんじゃあ……

不安なまま、一度戻って進んでみたところ、

ありました、ポリタンク(驚)

しかも、それは看板代わりらしく、マジックで建物の名前すら書いてあるし……
おかげで、すんなり着けました。
しかも、我輩がついた途端に、もう一人お呼ばれしていた中学からの友達(二児の母親)が次いで到着し、絶妙なタイミングに。

ちょっとは迷いましたが、我輩の記録では桁外れに早く着くことができました。
もちろん、お昼のピザも熱々のまま食べることができましたよ~♪

中学からの友達の子供も、上の子は片言ながら喋る年頃で、下の子はたむたむ君の子供と同い年(数ヶ月違いなのです)
可愛い子供たちに癒されて、帰りはいつもの休みのようにネットカフェに行き、今現在にいたるわけですが……
またジャンプ破られてました(涙)


はい、リボーンのページです。
またラストページを、ざっくりやられてました……


いい日の締めがちょっと台無しで凹んでおります。
皆様、察してください orz


追記:なぜに我輩が出かけると、何かしらいつもオチがつくんだ……?(涙)


スポンサーサイト
[ 2008年07月31日 22:36 ] 揺羅的友人録 | TB(0) | CM(4)

お呼ばれ前日です。

たむたむ君の家へお呼ばれの前日となりました。
火曜日に行く予定が、ちょっとずれ込みましたが、問題なしです。
むしろ、問題は我輩が果たして、迷わずに無事に着けるかということ……(汗)

解り易い道、とは聞いているのですが……我輩の方向音痴は解り易くても迷うこと必至なので、用心はいくらしても足りないし、確認はいくらでもしておくものなのです。

自分で言ってて悲しくなってきました(涙)

ちょっと、たむたむ君に頼まれたこともあるので、明日は早めに出発しなくてはいけないのですが。

無事に着けることを、皆さん祈ってください(何)

いや、まぢに心配だ……orz


追記:迷うな、絶対! とか思ったそこの人。怖くないからちょっとこっち来なさい(狂犬警報発令中←をい)
[ 2008年07月30日 23:56 ] 揺羅的友人録 | TB(0) | CM(0)

猫猫 猫

猫猫 猫。
これは「ねこびょうねこ」と読みます。

なんじゃこりゃ? と思ったお方、ご安心を。
漫画家さんのお名前です、そして我輩の知り合いの知り合いさんでもあります。

猫さん(我輩はそう呼ばせてもらってます)は、我輩の専門学校時代の別の科の先輩であり、我輩のいた科の先輩の友人さんでもありました。
なので、知り合いの知り合いなのです。
科を含めなければ、先輩さんなんですがね。

このお方、実は同じ専門の人だと気づく前に知っていたりしました。
我輩、同人誌の買い手暦が長いので、よく地元のイベントとかにも買い手として顔を出していたのです(今でも若干現在進行形)
その時に出店していた中で、この絵は好みだー♪と、便箋やらシールやら買ったことがありまして。
その出店されていたのが猫さんでした。

正直、先輩さんに絵を見せてもらうまで、その人だと気づかなかったりしましたが。
意外に近くにいたものだと、ちょっとびっくり。

それまでの偏見で、出店している人は地元とはいえ、結構離れたところにいるものだと思ってましたからね。

で、この猫さん。卒業してからプロの漫画家さんとなりまして(ちなみに同じ科の先輩さんもデビューいたしました)今はマイペースにお仕事をされております。

そんな猫さんがつい最近、新刊を出されまして!

「ナイトウィザード ヴァリアブルウィッチ」
これの二巻を出されました!(どんぱふどんぱふ)
ちなみに全二巻です。

このナイトウィザードはTRPG(テーブルトークロールプレイング)と言うゲームでして、ナイトウィザードというカテゴリでは、ヴァリアブルウィッチは初のコミック単行本となるのです。

TRPGって何よ? って方はまた後日ご説明します。
ちょっと長くなるので……ちなみに、我輩はやったことないです。内容を何となく把握しているくらいです(汗)

猫さん、お疲れ様でした!
次の作品をわきわきと(何)お待ちしておりまーす♪


今日のおススメ
漫画:ナイトウィザード ヴァリアブルウィッチ  筆者:猫猫 猫


追記:ヲタな話ではないですが、宣伝も兼ねて記載させていただきました~♪
[ 2008年07月30日 00:14 ] 揺羅的友人録 | TB(0) | CM(2)

夏の嵐到来

仕事中、突発的に土砂降りになりました。
最近雨なかったからなぁ……たまにはいいだろ、と楽観視。
ところが、楽観視していたのも束の間。

段々とスコール並みの降り方に。

えーと、あのー……ちょっと降り過ぎでないですか?(汗)

止むどころか、ますます強まる雨足。
そして、土砂降りに混じって雷鳴が。

あー、雷まで来たかー……まあ、鳴ってるくらいは。
またも楽観視。
だがしかし、雷鳴が止むことはなく、次第に近づいているような……

まさか……

はい、そのまさか。
ついに落雷!!
しかも、2,3回くらい落ちたんですが(汗)

うわー、久々に雷落ちたなー……
ま、落ちても停電になるわけじゃ……

なりました、停電(何)

なったと言っても、ほんの3分程度でしたがね。

久しぶりに嵐を体験いたしました。
できれば、しばらくもういいです(涙)


追記:嵐が去った後は、さらっと夏の暑さを奪って行ってくれたようで、今日は比較的快適な気温に。む、嵐もたまにはいいかもしれん(何)
[ 2008年07月28日 22:03 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

蛇と蛙のお話(動物話ではないのであしからず)

タイトルで動物の話かと誤解されそうですが、お酒の話の方です。
うわばみと下戸ってことですね。

我輩、根っからの下戸です。
お酒全般飲めません、アルコールに激弱なんです。

ビールや発泡酒、ワインやカクテル、焼酎やウィスキー……世間の酒飲みさんなら喜ぶであろうこれ全般駄目なんです。
洋菓子やケーキに入っているリキュールですら、体調によってですが酔っ払いそうになったこともあり。

苦いんです、全部。
ジュースだろうと言われるカクテルすら苦い、どうやらアルコールの味に敏感なようで、一口含んだだけで苦いと思ってしまうほどに。

体質的に合わないのだろうなと思いますが、遺伝の可能性もあります。

我輩の父親が、我輩と同じく下戸で。彼はビール一杯で酔っ払います。
我輩は一口すら飲めないので、まだ親父殿の方が飲める体質ではあるのでしょう。

母親は、若い頃はかなり飲んだそうなのですが、歳を取ってから体質が変わったらしく今ではチューハイ一杯でダウンになるほど弱くなった模様。
まあ、こちらはそこそこ飲める体質だったらしい。

と、言うことは我輩の下戸は父親譲りということになります。
まあ、東雲家の人間ほとんどお酒の類を飲みませんがね。

一人を除いて(何)

その一人とは、我輩より二つ下の愚弟。
こやつ、就職と同時に酒飲みになりやがりまして(付き合いで開花された模様)まあ、飲む消費量が半端ない。
飲む酒の種類は限られているのですが、最低限一日チューハイのロング缶二本を飲み干す消費量。

我輩から見れば立派に酒飲みです。しかもよく人に買ってこいとたかるしな(涙)
こちらは立派に母親の遺伝子を継いだ模様、そーいや髪質も継いでたな。

父親がストレートヘア(今は薄くなりましたが、いろいろと←をい)
母親は天然パーマ(今ではほぼ白に、歳ですね←こら)
我輩はストレートヘア(手入れ皆無でぼさぼさですが←をまえな)
愚弟は天然パーマ(高校時まではストレートだったのに成長期で天パの髪質に変わったらしい←哀れ)

東雲家、何やら体質も髪質もきっちり綺麗に分かれていました。
性格は皆似たり寄ったりですがな……ちっ(何)


追記:愚弟はストレートヘアが好きなため、よく「髪の毛頭皮ごと寄こせ」とか訳の解らん脅しを我輩にしておりました。諦めろ愚弟、天パがお前に下された運命だ。下顎出てたより何倍もましだ!(きっぱり)
[ 2008年07月27日 22:03 ] 東雲家の人々 | TB(0) | CM(0)

段差の恐怖

昨日のことなんですが、我輩仕事場で転びまして(いきなり何)
箱を運ぼうとして、足元がおろそかになってましてね、すこーんと(涙)

普通なら、足元確認はしているんですが、その運ぶ箱があった場所にちょっと問題がありまして。

箱は、湿気よけのためにすのこの上に置かれていたんですよ。
我輩、それは目で確認していたので、箱を持ったまますのこの上を歩き、別のすのこに足を伸ばしまして……転びました(涙)

そう、すのこに段差があったんです。

箱を持ち上げた場所のすのこは二つ重ねられていて、我輩が足を伸ばしたところのすのこは一つ。
つまり、すのこが重なっていたところからそうじゃないところへ足を置こうとしたわけで。

そりゃバランス崩れます。
箱がまだ軽い方だったのと、下がすのこだったことから、すのこに右膝思いっきりぶつけたくらいで被害はすみましたが。

ええ、その時は多少打ち身なだけですんだんです。
仕事着が長袖長ズボンだったもんで……

帰って風呂に入って始めて気づいたんですが、右膝に赤黒い鬱血の痕が(怖)


なんじゃあ、こりゃああああああ!! (絶叫)


痛みは後からきました(涙)
幸い、骨に異常はないようで、鬱血が恐ろしいくらい広がっているだけでした。
当分、風呂上りが怖いです……


追記:すのこじゃなく、地面だったら膝の皿が割れていたかもしれないわけで……転んだ原因とはいえ、すのこにちょっぴり感謝。
[ 2008年07月26日 23:31 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

お呼ばれ延期、後に……

仕事終わり、駐車場へ向かいながら携帯を開きまして、

着信三件、留守録三件、メール着信一件。

誰!?(何)

我輩の携帯、メールが主なため、着信がこんなに入ることがないのです。
何か用事があれば、メールの方に着信が主に入るはず。

家族ならありえるかもですが、東雲家の人々は我輩の仕事時間帯を熟知しているため、仕事の時間帯に着信があったことがほぼ皆無。
しかも、着信電話番号は携帯に登録されてるものではありませんでした。

何か怖いので、先にメールの方を見てみたところ、たむたむ君からでした。
何でも、火曜日は子供を病院に連れて行かなくてはいけなくなったらしく、お呼ばれを延期していいかと言うことでしたが。

即座に「構わんよ~」と返信をし、延期になったのはちょっぴり残念だなあと思いつつ、行くまでの道を探す時間が出来たと安堵しつつ(何)

そして、いよいよ留守録を聴いてみることに。

変な電話だったらどうしよう(汗)

携帯を持ち立ての頃に、変な電話を数回受け取ってしまったことがあり、それ以来知らない番号の電話には出ないことにしているのです、我輩。

まあ、留守録ならましかなぁ……と思いながら、再生ボタンをぽちっとな。


一回目。
「○○です……(何かくぐもった声、しかもフェードアウト気味)ぶつっ!(切れた音)」
……誰?

二回目。
「○○です……(先ほど同様、くぐもったような声)けんどう?(てんどう?にも聴こえた)」
……だから、誰? しかも、なんのこっちゃ。

三回目。
「ぶつっ!」
切れた音しか入ってませんでした。


着信していた電話番号は、一回目と三回目が同じ電話番号、二回目だけ違いましたが、声は同じ人のように聴こえました。

結論、訳の解らない電話でした(何)


追記:電話の主の正体、解ることがあったらご報告します~(やめれ)
[ 2008年07月25日 23:02 ] 揺羅的友人録 | TB(0) | CM(0)

動物の名前の付く舌の話

我輩、ものすごい猫舌です。
少しでも熱すぎた場合、二、三日は火傷が癒えないほどに……(涙)

昔から猫舌だったのかと言えば、そうではなく……むしろ子供の頃は熱さにかなり強い方でした。
親に「猫舌の反対で犬舌か」と言われるほどに。

では、いつからそれが逆転してしまったのか?

考えられる理由の一つが「氷中毒」

我輩、中学の頃異常なくらい氷を食べてた時期がありまして。それは夏場が頻繁ではあったのですが、とにかく氷があれば口に含み、がりがりかじっていたのです。

そりゃもう、製氷室が空になるほど(何)

一番気に入っていたのが、麦茶を大きめの容器に入れて凍らせた「麦茶氷」

よく麦茶入れたマイマグカップに麦茶氷を入れて飲んでました。今では氷中毒もとんと形を潜めましたが……あの頃は本当に凄まじかった(遠い目)

熱さがだめになったとしたら、これが一番しっくりくる原因だと思ってます。
もしかしたら、成長期に体質が変わった可能性もあるのですが……

何より昔の我輩、あれだけ氷を平らげていたくせに……よく腹を壊さなかったなぁ(汗)



追記:若さの成せることだったのだろうか……(何)
[ 2008年07月24日 23:33 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

お呼ばれです(何)

来週の火曜日に、我が親友たむたむ君の賃貸部屋の方へ遊びに行きます。
戻って数日、慣れないのかたむたむ君の子供はぐずる率が上がっているそうで。

新米お母さんは大変です(汗)

今回は、中学時代の友達(現在二児の母)も来れるかも知れないとのことで、子供率が高いです。
まあ、子供は(多少やんちゃなくらいは)好きなので、それはいいのですが。
そんなことより、大変な問題が我輩にはあります。

我輩、超や度や激の付く方向音痴なのです(涙)

たむたむ君の賃貸部屋は、前の場所なら解るのですが、新しく引っ越した今の場所は住所録のみしか知らないのです。
我輩、初めて行く場所は必ずと言っていいほど迷い、何度か行ったことのある場所でも別の場所から入るなり出るなりすれば迷い。

我輩の友人の周りでは「東雲揺羅に前を歩かせると迷う」説が定着しているほどです(何)
さすがに十数回行ったことのある場所は覚えていますが。

我輩、自分の興味を引くものとかでなければ記憶力が極端に落ちるようで……
迷わず着けるかどうかがものすごく心配です(汗)

「多分こっちに違いない」とか「おそらくこっちじゃないかなぁ?」で行動するから迷うんだと自覚はしております。
反省もしてます。
でも迷うんです!(涙)

午前中に集まり、昼ごはんは「ピザでも取る?」って話になってますが、

ピザが冷めて硬くなる前に我輩は果たして、たむたむ君宅へ辿り着けるのでしょうか?(切実なる疑問)

真相は、次週の火曜日にお伝えしたいと思います。
乞うご期待!(誰もしてない)


追記:今、迷うと思った輩、心の中で挙手した後に歯ぁ食いしばれ!!(何)
[ 2008年07月23日 23:16 ] 揺羅的友人録 | TB(0) | CM(2)

紅 kure-nai

紅 kure-nai

集英社スーパーダッシュ文庫から出ています。

昨日に引き続き、片山憲太郎さんの作品。
もともと、片山さんの作品を知るきっかけとなったのが、この作品からなんですが。

最初に知ったのは、集英社から出ている「ジャンプスクエア」と言う雑誌に連載が開始された漫画版の「紅」がきっかけで。
漫画の方を担当しているのが、紅と昨日おススメ作品として紹介した電波的な彼女の両方のイラストを担当している山本ヤマトさん。
イラストレーターとして名が知られてますが、紅で漫画家初デビューだそうで。

内容は、揉め事処理屋を行う主人公(男)が、師匠と呼べるべき存在からある任務を引き受けたことから始まります。
ジャンプ作品に近いバトル形式と、片山さんならではの文章力が見事合致。
心理描写などが遠慮ないので、読んでいるうちに内容にぐいぐい引き込まれていきます。

また、紅は電波的な彼女とリンクしている部分があり、両作品に共通して出てくるキャラがいるのです。
我輩、こういったリンク作品に弱いのです(何)

片山さんの作品には、強くてかっこよくて(肉体的にも精神的にもな意味で)可愛い女の子がたくさん出てくるので、どちらの作品も一種主人公がハーレム状態になっていたりするのですが。
そこだけで終わらないのが片山さんクオリティ(何)

ジャンプスクエアで漫画連載が決定したと同時に、アニメ化もされているこの作品。
我輩、アニメの方はちょっと見てないのですが。
ラノベと言うことで敬遠気味な方には、まずコミックのほうから読むことをおススメします。

今日のおススメ
ラノベ:紅 kure-nai   著者:片山憲太郎  漫画兼イラストレーター:山本ヤマト


追記:紅のライトノベルは現在四巻まで出ています。ちょっと四巻目が知りきれトンボな終わり方をしてますが、そこは公式ファンブックの方で補完されていたり……間に合わなかったんだろうか? と邪推している我輩がいます(何)
[ 2008年07月22日 21:36 ] ヲタな話 | TB(0) | CM(2)

電波的な彼女

久々なるヲタな話。

ブログ開始時に一押しとして紹介した、集英社スーパーダッシュ文庫から出ているこの作品。

「電波的な彼女」
作者は片山憲太郎さん。

我輩がこの人の作品を知ったのは、姉妹作品たる「紅」からなんですが。
この作品、姉妹作品と言うだけでなく、この作品として楽しめます。

内容は、主人公(男)が、文字通り電波的な彼女に「僕にしてください」って言われるところから始まります。

いや、本当に最初は「何これ?」な話なんですが、そこは杞憂です。
読み進んでいくたびに、この話の面白さが徐々に出てきます。
何より、この片山さん。
話の場面展開や言い回し、心理描写の書き方がものすごく巧いのです。

読みながら内容に引き込まれていくその腕は、侮るなかれ!!

早く先が読みたくて仕方ないと、我輩は焦らされました。
先が読めそうで読めない上に、読めたと思って安心しきっていたらどんでん返しをまともにくらい(何)
油断がならない、いや本当に!

現在、三巻まで出ているのですが、我輩は話的には二巻が一番好きです。
ミステリー要素を含んでいるってのもありますが、内容が一番印象に残ったのが大きいのです。

ライトノベルと言うことで、なかなか同志に出会えないのが悲しいところですが(涙)
漫画だと読む人いるけど、ラノベは文字だからって読んでくれる人が少ないのだよなぁ……
面白いのいっぱいあるのに、もったいない。


今日のおススメ
ラノベ:電波的な彼女   筆者:片山憲太郎


追記:今は、姉妹作品の方が有名なので、こっちはちょっと日陰状態。続きが読みたいと思いつつ、気長に待とうと思ってます。
[ 2008年07月21日 22:32 ] ヲタな話 | TB(0) | CM(0)

第542回「クレーンゲームで取ったことのあるもの!」

たまには、FC2のお題でやってみようかと思いつつ。
単に夏バテして脳みそ働いてないだけってのもありますが(何)

我輩、クレーンゲームには強い方です。
ゲーム機のアームの強さにもよりますが、大抵のものなら取る自信があります。
ぬいぐるみを始めとし、でかいお菓子、フィギュア、キャラクター各種のグッズ、季節商品の衣装とかも取ったことあります。

大概が、友人の結婚式の二次会のビンゴゲーム商品になりましたが(何)

後は、友達が買ってくれそうなのを意図的に取って、後で売りつけると言う手もやりましたが(鬼)

ガンダム系ロボットフィギュアヲタな方には、その人の描く神的に巧いイラストのコピーが欲しくて、貢いだり(コピー代として献上したとも言う)
ピングーの妹、ピンガ大好きな友人にはピンガグッズを売りつけまくり(をい)

そーいや、売りつけたのがきっかけで会話するようになった人もいたな(現在友人となりました)

その中でも最強を誇ったのが、我が親友たむたむ君。
今でも覚えてます、たむたむ君の結婚式の二次会にて。

我輩が提供したクレーンゲームグッズの中から「攻殻機動隊」の「草薙素子少佐」のフィギュアを見つけるやいなや、キープに走ったあの姿(をい)

もちろん、我輩鬼ですから「欲しけりゃビンゴに参加して当てろ~」って取り返しましたがね。

まさか本当に、その後のビンゴで当てるとまでは思わんかった orz

さすがは、友人の中で唯一「ほぼ無一文」でグッズを手にしまくっていた猛者だけあります(何)
この人には、おそらく一生涯敵わない……(いろんな意味で←何)


追記:現在、我輩からクレーンゲーム商品を奪っていくのは、ダントツでうちの母親だったりします。最近のお気に入りなのか、彼女は我輩が取ってきたカピバラさんDXぬいぐるみを三匹を強制的に就寝グッズ化してます(枕とか抱き枕とか足枕とか)……哀れカピバラさん三兄弟(涙)
[ 2008年07月20日 22:49 ] FC2お題 | TB(0) | CM(4)

世間は夏休み到来

昨日から、世間的に学生は夏休み到来。

もんのすごくうらやましい(何)

長期の休みなんて、今の我輩には夢物語に等しいです。
よくて三連休だ、休みなんて(涙)
世間の学生全般が羨ましくなります、長期休みの度に。

ま、その分学生には学生なりの苦労ってもんがありますが(夏休みの宿題とか課題とか時期によっては就職活動とか)

我輩、一応八月に出かけれる予定はありますが、それがまだ確定はしていないのです。
ほとんど人任せのイベント予定なもので(汗)
行けたらいいなあと思いつつ、受かればいいなと思いつつ。
とりあえず、休みの申請だけはしておこうと思ってますが。

師匠~~~~! あなたの強運をお祈りしますううううううう!! (←やっぱり人任せ)


追記:今日は「時をかける少女」を観ながらの更新。前に放送されたときも見たが、やっぱりいい話だーーーー!!(T_T)
[ 2008年07月19日 22:46 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

祝! 白黒さん♪

我輩の友人、白黒さん。
専門学校からの知り合いなのですが、夢は漫画家。
そして、この度、この白黒さんの夢が叶うことになった模様。

祝! 白黒さん、漫画家デビュー(多分)おめでとう~~~~!!

オンラインコミック誌の「少年ソリッド」と言うところにて、スタートするのだとか。
担当の人がついたからと言うことなので、ほぼ確定項ではないかと思われますが。

今月末には、東京に打ち合わせに行くのだとか。

……大丈夫なのだろうか(何)

白黒さん、方向音痴と言う訳ではないのですが(むしろ、我輩が方向音痴の部類。それもかなりひどい方)何が心配って、

人酔いと体力の有無(きっぱり←をい)

今までの行動パターンから考えるに、この人を赤の他人わんさかいるところに放り出して、しかも一人で行動させて……大丈夫なのだろうかと、心配せずにはいられません。
下手したら行き倒れかねん……(酷)

白黒さん、頑張れ~。
今回は倒れても骨すら拾えないので、倒れない方向で努力をお願いします(何)


追記:お土産に東京バナナをお願いします(←冗談ですよ♪ご無事に帰還なされよ~)
[ 2008年07月18日 22:20 ] 揺羅的友人録 | TB(0) | CM(2)

夏バテ再び

梅雨も明け切らぬ時期に一回夏バテ起こしましたが、夏が到来したこのところ……またバテました(涙)

食事はどうにか喉を通してますが、体のだるさが抜けない……
睡眠はしっかり取ってますが、それでも昼になるとだるさと眠さが……

原因の一つと思われるのが「エアコン」
我輩、冷房に弱いんです(涙)

我が家には「エアコン」の存在が皆無、なぜなら土壁だからです。
そんなもの取り付けた日には、壁が崩れます。

夏は扇風機、冬は石油ストーブとこたつ。
それが東雲家クオリティ(何)

話は戻しまして、我輩の職場。仕事柄エアコンが効いているわけです、この時期。

さ・む・い(震)

もともと、冷房なれしてないがために余計に冷房はきついのです。
それが多少でも(涙)


これから、ますます冷房は強くなるでしょう……
周りに変な目で見られるのを覚悟の上で厚着するべきか……
本気で悩む我輩がいます、本当にどうしよう(汗)


追記:エアコン、自分もダメだ~って同志がいたら、心の中で挙手をお願いします(何)
[ 2008年07月17日 23:17 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

常識知らずに物申す(一言だけですが何か?←何)

昨日は実は、行きつけのネットカフェからブログ更新してました。
たむたむ君の実家に行った後に寄ったんですがね。

我輩、この行きつけのネットカフェが結構気に入ってまして。
内装がきれいで落ち着いていて、個室のソファーがふかふかで、うたた寝くらいなら出来てしまうところなのです。
漫画本も結構豊富で、マニアックな本を除けば、新刊が出ればその日に即入荷。
雑誌もファッション誌、週刊誌各種より取り見取り。
飲み物の種類も、どこのバイキングだ? ってくらいあるのです。

そこそこの長時間パックで、映画一本分のお値段。
二千円もあれば半日くらい余裕で篭れます。
さすがに、まだナイトパックだけは利用したことがないですが。

話は戻しまして、ネットカフェ到着。
いつもの禁煙で個室のパソコンブース席を選択。
最近はまっている「美味しんぼ」を選択して、何冊かまとめて席へ。
飲み物もチョイスして、意気揚々と読みふけり、刻々と時間は過ぎ。
あと10分程度で、時間終了になるのに気づき、

「んじゃ、いつものようにジャンプで終わりにするかー」

と、読んでいた本をすべて戻して、雑誌の棚へ。
我輩、終わり間際に週刊少年ジャンプを読むようにしているのです。
前は愚弟が買っていたのですが、読むものが少なくなったとかで買わなくなったので、ここで読もうと思ったのです。
前はコンビニの立ち読みで済ませてましたが、何となく申し訳なくなってきたので(バイト経験あるだけになおさら)

二冊あるうちの一冊を手に取り、席へ戻って読み読み、そこそこ堪能。
しかし、最初よりは真ん中辺りにある「リボーン」に差し掛かって、手が止まりました。

「あれ? ここ、ページ抜けてないか?」と。

それは、今週のジャンプの「リボーン」のページのラスト一ページであろう部分。
我輩の愛するキャラ、クローム髑髏が出た次のページ部分でした。
いきなりそのページが抜けて、折込のチラシが出現。
開いて見てみると、ページの根元から破られた跡が。
それも、二冊あったジャンプ両方が破られてまして。

いったい、このページに何があったんだろう?
ものすごく気になったので、今日仕事の帰りがけにコンビニへ。
心の中でごめんなさいと謝りつつ、雑誌のコーナーへ行き、ジャンプを手に取りぱらぱらと問題のページへ。

普通に、漫画のページでした。
特に何かマニア心をくすぐる展開でもないし、次回に続く、で終わるラスト。
はて? じゃあ何で?
疑問に思いつつ、そのラストページの裏をぺらり。

リボーン関係の懸賞の応募券がついてました。

なるほど、これか。
つまり、あのジャンプを破った人間は、この券が欲しくてあんなことをしたのか。
自分では買わずに、ネットカフェで万人が読むためにある雑誌から破り取ったのですか。
他の人の迷惑とか、ネットカフェへの迷惑とか考えずに……

ぶちっ (心の奥で何かが切れた音)


んな常識知らずのたわけ者は、二度とこのネットカフェの敷居跨ぐんじゃねえええええええ!!(心の中で大激怒)


すいません、泣いていいですか?(何)
何かもう情けなさ過ぎるんですが、この行動といい、目的といい。
最近は常識って言葉がなくなってきてんだろーか?
「ヲタはこれだから」とかそー言うことでなく、「一般人だろ、それやったの」とかでもなく、人として普通に情けなさ過ぎる。
万引きと同罪ですよ、これ。
我輩の憩いの場が……(涙)


追記:ちなみに、コンビニではポテチの新味出てたので、それを購入して帰りました。立ち読みに来た遠慮もありますが、単に食べたかったからってものあります(何)
[ 2008年07月16日 22:00 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

たむたむ君育児期2

我が親友たむたむ君は、現在育児に大忙しな新米お母さん。
出産してから今で約一ヶ月。
定期健診まで、家から出ることが許されないため、ほぼ実家に軟禁状態です(一部大袈裟表現)

今週定期健診があるため、その後で実家から旦那さんのいる家へと戻るそうで。

祝、軟禁状態脱出!! (何)

しかし、そうなると我輩少し困りまして。
たむたむ君は一度引越しをしていて、我輩はその前に住んでいた賃貸住宅の場所しか知らないのです。
案内してもらえばいいじゃないかってことですが、今の状態ではちょいと難しい。
しかし、我輩。たむたむ君に渡さねばならぬ物がありまして、実家にいるうちに渡してしまうか! と決めて今日また飛脚をやってきました。
その物とは?

ベビーカー

元々、旦那さんのお姉さんの子供が使っていた物を譲り受けようと思っていたたむたむ君夫婦。
しかし、そのベビーカーは借り物だったそうで、すでにお姉さんの手元には無いのだとか。
出産して一ヶ月、まだベビーカーまでには手が回っていなかったたむたむ君夫婦。

そこで、ふと我輩思い出しまして。
以前、親父殿が、
「たむたむ君の子供が生まれたら、ベビーカーはあると伝えといてくれ~」
と、言っていたのを。

何で親父殿がそんなものを持ってんだ? と疑問の皆様にご説明。
親父殿はバイクショップを経営してまして、現在一人従業員さんがいるのですが、その人に女のお子さんがいるのです(現在小学生)
親父殿は、従業員さんに「使うことが無いなら貸してやってくれないか?」と、前から話は通していたようで、ことはすんなり決まっていたのです。

たむたむ君夫婦の知らないところで(何)

前に訪ねたときに、この話はしておいたので後はいつ持って行くかを決めるだけ。
ええ、我輩が届けるだけとなっていたのです。
まあ、結果的に喜んでもらえたからいいとして、親父殿。

自分の孫でもないのに、その浮かれっぷりは何なんだ……orz


追記:二週間ぶりに会ったたむたむ君の子供は、今日はやたら機嫌がよかったらしく新生児ながらいい顔を見せてくれました。それを見ながら、めろめろになっていた我輩……もしかしなくても親父殿を笑える立場にないですか?(汗)
[ 2008年07月15日 22:28 ] 揺羅的友人録 | TB(0) | CM(2)

ボールペン紛失事件

我輩、仕事柄手放せない道具に「ボールペン、印鑑(シャチハタ)カッターナイフ」の三種の神器がありまして。
印鑑はインク切れが起きたらインク補充、カッターナイフは切れが悪くなったら刃を折るなりして交換。

では、ボールペンは?

意外と、ボールペンと言うのは持ちがよくて、一年に一回買い換える程度だったんですよ。
……ええ、「だった」んです(涙)

ここ最近、ボールペンがよく失くなるんですorz

最初に無くなったのは三日か四日前。
仕事が終わって、勤怠表に時間を記入しようとしてポケットを探り、

「あれ?」

ない。確かに昼休み終わったときはあったのに(時間を書き込んだから確実にあった)ない。
どこかで落としたかなぁ? と、思いつく場所を探してみるが、やはりない。

予備に一本持っているのですが、それはフリクションボールペン。
そう、ペンの後ろについてるラバーでこすると消えるあれです。
勤怠表を書くならこれでいいとしても、他の作業でこれはまずい。
消えないように油性ボールペン使ってますんで、これを作業に使うわけには行かない。

仕方なく、職場で新しく買い直し。
よし、もう失くさないぞー! と意気込み、

今日、また失くしました(何)

なぜ!? 確かに仕事時間が終わる数時間前まであったはずなのに!
こんなに頻繁に失くすのは、ここ最近が初めてです。

誰かが間違えて持っていった? 似ているボールペンはいくらでもあるので、その可能性が大。
しかし、思いつく人たちに聞いてみても、誰も持っていませんでした。

どこかに落とした? これもありえますが、我輩の行動する範囲は職場では狭いのです。
最近は、一定の場所以外動かないので、その周辺を探してみましたがありませんでした。

誰かが隠した? いや、これはありえない。
そもそもボールペン一本隠してどーすんじゃい。

そして、我輩の結論。

ボールペンは旅に出たに違いない、そのうちひょっこり戻ってくるさ!!(をい)

そうでも思わないとやってけません(涙)
さすがに数日で買い直しってのはきっついです、いくら一本が百円に満たない安物ボールペンでも。

旅に出られた我がボールペンさん、この記事を見たなら帰ってきてください。今すぐに! 近日中に!!(切実)


追記:これで帰ってきたら怖いものがあるんですが……報告はまた後日に、乞うご期待!(してる人はいないと思うが←何)

[ 2008年07月14日 22:11 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

親不知の話

我輩には、合計32本の歯があります。
うち4本は親知らず。

親が知らない間に生えてくるから親知らずというのだと聞いたことはあるのですが、いろいろ厄介な歯だと言う噂のほうが耳に届きまくってました。

生えると抜かなきゃいけないとか、変な場所から生えてきてむちゃくちゃ痛いとか。
では、我輩の場合はどうだったのか?

え? いたって普通なんですが(汗)

普通ににょきにょきと生えてきて、普通の歯と同様にきちんと機能していたりする我が親知らず。
我輩はどうやら運がよかったらしい。
ありがとう、親知らず。普通に生えてきてくれて!!(何)

しかし、奥歯だけに磨きにくくて、ちょっぴり虫歯になりつつあったりもします。
さすがにそれは困るので、我輩は定期的に近所の歯医者で検診を受けています。現在進行形で。
そういえば昔はよく通っていたなぁ、歯医者。

虫歯ではなく、顎の矯正でだったんですがね。

我輩、生まれつき下顎が出てまして、文字通りのしゃくれ顎だったのですよ。
うちの家系では親父殿の父親、すなわちじーちゃんが下顎出てましたんで、我輩のはその隔世遺伝のせいだったもよう。
他に誰一人としていなかったし、下顎出てた人。

そのままでも別に苦ではなかったんですが、成長期において変形することもあるとかで、その前に治そうと親に連れられていったのですよ、歯医者。
通っていたのは小学校から高校あたりまで。かなり長い年月かけました。
その間、虫歯治療なんてものをしたのはほんの数回。
歯磨きは欠かしませんでしたもんで、出来ても表面虫歯程度か、それよりちょっと深め虫歯にしかならなかったのです、我輩。

自分と同じ年代、もしくは下な子達が、虫歯でびーびー泣いているのを横目に、顎の矯正受けていた我輩。
待ち時間とかがむちゃくちゃ退屈で、歯医者にある漫画は読み飽きるし、他にすることもないし、遊びたい盛りだからと言うのもあって、あんまりいい思い出はないのですが、この頃は。

今では感謝してますけどね。
成長期に一気に背が伸びたときは、顎が戻ろうとしてちょっと焦りましたし。

そんな矯正時代も成長期が過ぎて、もう問題ないでしょうと、そのときの掛かりつけの歯医者に言い渡されてからはとんと歯医者にご無沙汰でした。

そう、前触れもなく一気に4本親知らずが生えるまでは。

さすがに今は歯の治療がどれだけ大切かなんてことは理解しているので、苦でもなんでもないんですが。

「歯磨き上手にされてますね~、すごいです♪」

とか、歯科医の可愛いお姉ちゃんに褒められたりすると、歯磨きで褒められたのって何十年ぶりだろうか……とか思いながらも嬉しくなっている我輩がいたりします(何)

皆様も、歯は大切に。
二度目はない、それが永久歯の恐ろしさです(何)


追記:ちなみに、今の歯医者は昔通っていた歯医者ではなく、そこよりもっと近場の歯医者です。その歯医者が出来たのが我輩が矯正終了した後だったので、親知らずなかったら多分立ち寄ることすらなかっただろうなぁ……(遠い目)
[ 2008年07月13日 23:53 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

棺担ぎのクロ~懐中旅話~

昨日に引き続き、きゆづきさとこさんの作品。
GAと同じく、四コマ系漫画です。

ただ、GAがほのぼのどたばたギャグ系であるに対し、こちらはほんのりダークちっくシリアス系。
中にはほのぼのギャグもありますが、話の根っこがシリアス系なのです。

主人公は、題名どおりの棺を担いだ旅人のクロ。
そして、クロの相棒的存在の蝙蝠のセン。
旅の途中に加わった旅仲間の猫耳少女のニジュクとサンジュ。
とりあえず、話の中心はこの4人だったりします。

きゆづきさん独特の四コマ式漫画で、一種童話めいた作品となっていたり。
ファンタジー系の話ではありますが、あんまりファンタジーめいてもない内容です。

GA同様、四コマとしてはきちんとしていて、それなのに話はうまく繋がり、キャラも背景も細かく描き込まれていて秀逸。


やっぱりこの人は四コマ漫画の天才だ!! (再び断言)


ただ、このきゆづきさん。どうにも連載する雑誌に微妙に恵まれてなかったりします。
我輩が知るきっかけになった「ろーぷれぐるぐる」は、ドラゴンマガジン新創刊の折、漫画枠がすべて廃止されたため、事実上の打ち切りに。
昨日紹介したGAは、最初の掲載誌が廃刊となり、埋もれるところを今の掲載誌に救われ今に至り。

描かれてる漫画はどれも面白いのに……もったいない!!


今日のおススメ
漫画:棺担ぎのクロ~懐中旅話~   筆者:きゆづきさとこ


追記:本来ならば、こっちを先に紹介するところだったのですが、都合により前後しました。原因は相棒だりあ氏にあり~(何) まあ、大したことではなく、向こうを先に紹介して~……と言われただけですがね(ニヤソ)
[ 2008年07月12日 22:14 ] ヲタな話 | TB(0) | CM(0)

GA 芸術科アートデザインクラス

芳文社さんから出ている、漫画タイムきららキャラットにて連載中の四コマ系漫画。
作者は、きゆづきさとこさん。

内容は、GA(芸術科Aクラスの略、芸術科アートデザインクラスの略にあらず)の1年生たる5人組の女の子たちが繰り広げるどたばた騒ぎ中心の学園生活。

我輩が、この作者さんを知ったのは、定期購読しているドラゴンマガジンに連載されていた「ろーぷれぐるぐる」と言う漫画からだったりします。
その時から、この人の描くキャラは可愛いなぁ、話が1話1話まとまってるなぁ、と感心していたのですが。
ある時、アニメイトにてこの人のもう1つの作品たる「棺担ぎのクロ」と言う、同じく四コマ系漫画を見つけ、即座に購入。

そして、ハマリ(何)

その人の次なる作品なのだから、絶対面白い!! と確信し、同じくアニメイトで見かけた時に即座に購入したのが、この漫画だったりします。

やっぱり、この人は期待を裏切らなかった!! (断言)

我輩、デザイン系の専門学校を出ているのですが、それもあって大変面白く読めました。
まあ、「美術の専門知識とかに関しては、そこそこ信用してはいけません」ときゆづきさん自身が言ってたりしますが。あとがきで。

通常、四コマ漫画にネタを収めるのはものすごく大変なことで、1話1話が切り離されて別々の話だったりすることが通例なのですが。
この人の作品は、四コマで1つの話を描いていくと言う独特のスタイルをとっていたりします。
そうなると、四コマ形式なだけのぐだぐだになりそうなものなのですが。
きちんと四コマは四コマである起承転結がしっかりしていて、背景やキャラクターも適当になることがなくきちんと描かれているのです。

この人は四コマ系漫画の天才だ!!そう、断言できます。

さて、そうなると面白い漫画は広めたくなるもので(俗に言う布教活動です)手始めにたむたむ君に貸したのですが、たむたむ君のところのお猫様に漫画をかじられ、いきなり布教大詰まり(涙)

弁償と言う形で買い直し、しかし時は年末近い冬。貸すべき人らと会える暇がなく、どうしたものかと悩み。

相棒だりあ氏に、「クロ」と「GA」を送り付けました(何)

クリスマスプレゼントと称して、布教活動に携わってもらおうと思ったわけです。
だって、面白いんだもん(もんとか言うな)

そして、目論見どおり、だりあ氏はきゆづき作品にはまったのでした(ニヤソ)


今日のおススメ
漫画:GA 芸術科アートデザインクラス   筆者:きゆづきさとこ


追記:その後日、仕返しとばかりに「らき☆すた」にはまらされた我輩がいました。くそぅ、向こうのが上手だった orz
[ 2008年07月11日 22:48 ] ヲタな話 | TB(0) | CM(2)

好きなブランドの話

我輩、趣味に関しては金を惜しまず遠慮なくばかばか使う奴ですが、こと興味のないものに払うお金は渋る傾向にあります。

どっかの誰かさんらの飲み食い代に化けるであろう税金と名のついたものとか、付き合う気ないのに給料から差っ引かれていく組合費とか、本当に将来返ってくるのかって疑問すら現段階で解決してない年金とか

まあ、いろいろ払いたくないなと思うものもあるわけですよ(上記の分は心の雄叫びと思ってください←何)

そんな我輩、高校になるまで自分で服を買いにいくと言うことがありませんでした。

ええ、趣味に金突っ込みすぎて服にまで手が回らなくて(をい)

それまでは貰い物とか、お下がりとかで何とかなっていたのも理由のひとつにあったのですが。

高校にもなると、さすがに親が見かねたらしく、
「そのくらいなら貸してやるから(くれる、ではないのが東雲家クオリティ←何)買って来い」
と、高校になって初めて、自力で服選びに行くことに。

だがしかし、今までにまともに買いに行ったことすらない我輩。
どこで買えばええんじゃ?(汗)
家が片田舎にあったこともあり、どこに買いに行けばいいのか解らない。
そんな我輩の助けとなったのが、その当時から名前を聞くようになっていた、

「ユニクロ(我輩はうにくろと呼んでます) 」と「無印良品」


我輩好みの派手すぎず手ごろな値段で、なおかつ機能性高いこの2つのブランドに狙いを決めまして、以後今までほとんど着るものはこのブランドだったり。

他にも、今ではかっこいいと思った服ならどこのでも買うようにはなりましたがね。
だいたい似たような色と形になるのは、着たきりすずめの名残と思ってください(何)


追記:一番好きな色はカーキ及び迷彩柄。ミリタリー万歳!(をい)
[ 2008年07月10日 22:25 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

我が受難のPSP

我輩の携帯ゲーム機は、今年始めに買ったばかりのPSP2000(シルバー)
本当は、その先月にオープンしたばかりの家電系カメラ店で買う予定だったのですが、ソフトを先に購入。その際、ソフトを買った某アニメ系ショップにて売られているのを見て、

「あ、面倒だからここでいいや」

と、持ち前のものぐさ性格で、そこで購入。
これが、受難の始まりだったりします。

購入して、一ヶ月。
いきなり充電器で充電できなくなりました(涙)

なぜに!?

携帯ゲーム機とは言え、持ち歩いたのはほんの1、2回。
それも、きちんと別売りのケースに入れていたのに……

そんなわけで、買った店に電話。

「ソニーに直接お問い合わせください」

待て、店の保障とかなしですか(涙)

嘆きつつ、ソニーへ電話。
着払いにて、PSPを送り、数週間後。

「充電器に問題なし、差込口にゴミが詰まっているようです。お客様の落ち度ですので、修理の際は修理費いただきます」

との返答が。
落ち度なら仕方がないかー……と、我輩は納得していたのですが、この電話を受け取ったのは我輩ではありませんでした。

我輩の仕事の都合上、電話を受け取れる時間帯に仕事が終わることがないため、確実に返答を受け取れるように、親父殿の店に連絡先を指定していたのです。
これが、悪かった。

親父殿、この返答に自分に関係ないことながらぶち切れまして、

「何のための保障なんだ!?」

と、怒ったのを始めとし、数々言い争い、

「もういいです、そのまま返してください!」

待て、おやぢ!!

自営業柄、クレームとかを何とかやりくり、何とか今の信用を築き上げたバイク屋店長な我が親父殿。
ゆえに、納得いかない対応には他人事でもしゃしゃり出てくるのを忘れていました(汗)
気持ちは解らんでもないが、親父殿が怒ってどうする……

ゆえに、我がPSPは今でも難ありのまま手元にあったりします。
なぜにゴミが詰まったのかは謎のまま……
幸いにして、パソコンからデータを取り入れる用に買っておいたUSBケーブルで充電できることが判明し、ほとんど持ち歩くこともないので、我が家に置きっぱなしのPSP。

何のための携帯ゲームなんだってことは、ツッコミなしの方向でお願いします(涙)


追記:次にでかい買い物をするときは、きちんとしたところで買おうと固く決意してます(何)
[ 2008年07月09日 23:10 ] 東雲家の人々 | TB(0) | CM(3)

キャラクターについて

今回はヲタ話と言うよりはキャラクター話。

我輩、実はキャラクターものにあまり興味が持てなかったりします。
サンリオしかり、ディズニーしかり……どうにも可愛いと思えない(ファンの皆さんごめんなさい)
グルーミーやリラックマは、周りに好きな人がいるので、まあまあではあるのですが。

さて、そんな我輩がむちゃくちゃ気に入っていたキャラクターがいます。

「たれぱんだ」

あの、のんきすぎる何とも言えない容姿がツボに入りまして。ゲーセンなどに人形があったら、迷わず取ってましたね(何)

ただ、キャラクターものはやはり人気の浮き沈みが激しく、このたれぱんだも今ではほとんど見かけません……可愛いのに!

ああ、今でも悔やまれる。
たれぱんだが人気沸騰中だったあの時発売された、
「手触りも姿形もたれぱんだそのもの!」と銘打たれたあの、
「たれぱんだビーズクッション」 ……買っとけばよかった!!(力の限り絶叫←何)


追記:今ではカピバラさんが可愛いとは思います……だがしかし、たれぱんだを越えるにはいたらず…残念無念(涙)
[ 2008年07月08日 22:19 ] ヲタな話 | TB(0) | CM(0)

七夕ですよ~

久々にヲタ話でもいこうかと思いつつ、まあ七夕だし、話題くらい触れとくかと思いまして(何)
七夕って、小学校あたりまでしかやった記憶ないんですが、そんなものなんでしょうか?

短冊書いたり、七夕飾り切って作ったり折って作ったり。
なぜだか、鶴が1羽2羽折られていたり(え? 我輩だけですか?←何)

さて、七夕と言えば我輩、いまだに記憶に残っているのが幼稚園での七夕の一部。
幼児がわらわら飾りを作り、短冊に拙い字で何かを書き、でっかい笹に取り付けられました。

よし、完成! 

そして、そこから少し記憶が飛び、ところ変わってそこそこな高さの橋の上にいる我輩ら幼児たち。
先生がでっかい笹を持っています。

「じゃあ、流そうか~♪(先生)」
「はーい♪(我輩ら幼児)」

え? 何を? (自分の記憶にツッコミ)

そして、先生はえいやっと、でかい笹を橋の下に投げ落としまして、下の川に流れていくでかい笹及び七夕飾り。

我輩、ある時期まで七夕飾りは作ったら川に流すものだと、この記憶のおかげで思い込んでいました。

それが、高校だったか専門だったかで、この話をしたとき、

「いや、それ絶対ないから」

ものすごい勢いで否定されまして(汗)
え? 流さないの? じゃあ、みんなどうしてたんだ……(困惑)

その時聞いた意見では、「飾りや短冊を持って帰った」が大多数でした。

我輩のいた周囲ごくわずかだけですか? 笹流したのって……それとも、あの記憶は夢か何かだったのだろうか?
その頃からの幼馴染たる、我が親友たむたむ君にも、この話をしたことあるんですが、

「さあ? 忘れた」

忘れられてた orz


真相は、いまだ闇の中です。


追記:流したよ~って方がいたら、是非に賛同を~!!
[ 2008年07月07日 21:33 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

なんだかんだで

なんだかんだで、このブログ始めて一ヶ月が経ちました。
早いようなそうでもないような、やっぱり早いような……(どっちだ)

なんと申しましょうか、我輩熱しやすく冷めやすい性質なので(趣味にしろ、怒りにしろ)すぐに飽きてしまうんじゃないかと思っていたのですが。
意外にも毎日続けていると、惰性なのか結構続くもので(何)

あれか! きっと停滞し始めたらやばいんだ!! (断言するなよ)

さて、一ヶ月を機に、今まで付けていなかったアクセスカウンターなるものを設置してみました。
ほんの気まぐれですが(何)

バーコードを模したちょっと変わったアクセスカウンターです、読み取ろうとしないように(しないしない)

まあ、こんな特に面白いことが書いてあるわけでもない日常話や、ちょっとマニアックすぎないか? ってヲタな話、お前のところは大丈夫なのかと言わしめる家族話、そんなのもがこれからも続くわけですが。

管理人が飽きるまで、お付き合いできる方はお願いします。訪問してやってくださいな♪



追記:昨日今日と仕事でむちゃくちゃ忙しかったので、今日はこれにて。ああ……休みまでが遠い(涙)
[ 2008年07月06日 22:25 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

方言とか訛りとか

我輩、今でこそ仕事の言葉遣いのために標準語に近い状態になっていますが、言葉にかなり訛りがあったりします。
一番ピークだったのが、学生時代。
何と言うか、方言や訛りめいた言葉遣いがかっこよく見えたんでしょうね。

お前はどこの生まれだ? ってぐらい訛ってました(何)

我輩の生まれたところの訛りはもちろん、従姉妹が隣県で関西地域に近いところにいるので、そこの言葉も移ったらしく、地元プラス関西めいた訛り言葉になってしまって。

一時期、関西に住んでいたんじゃないかって疑われたこともあります。
従姉妹の家に泊まりに行ったことはありますが、住んでたことは断じてないです。

今では、仕事モードから普段モードに戻ったときに訛りますが、それでもだいぶ落ち着きました。

前に、相棒だりあ氏に「学生時代にかなり訛ってて怖かった」と言われ、ちみっと反省。
元から訛りがあったとはいえ、ちょっと調子に乗ってました、あの頃は。

ちなみに、我が家には我輩以上に訛っている人もいます。まあ、これは地域の風習めいたものでもあるしなぁ……意味がわからない人が聞いたら何語だとか思うかもしれないけども。
そんな我が家の訛った人は、ばぁちゃんだったりします。
そんな、我が家のばぁちゃんの訛りを一つご紹介。

「でーこんてーてーて」

意味が解った方、心の中で挙手してください(何)


追記:我輩からも一つ訛りを。「喉がいがいがする」これは解りやすいかな?
[ 2008年07月06日 00:08 ] 日常 | TB(0) | CM(5)

蒸し餃子になりそうです(何)

いや、冗談でなく本当に今日は蒸したのです。
我輩の勤め先、一応空調設備は整ってはいるのですが、ほとんど意味がない場所で仕事してるので、蒸すわ暑いわ……

昼ごはん用に持って行ってるペットボトルのお茶(中身は我が家で沸かした麦茶)も、いつもそのままロッカーに放り込んでいるのですが、今日は何か危なげな臭いを発し始めたので、明日からは職場の冷蔵庫に入れようと思っています。

さて、そんな蒸し蒸しな日でも仕事は忙しいわけで。
くたくたになりながら帰宅。今回は蒸し暑かったにもかかわらず、腹状態は空腹を訴えておりまして。
軽く、お茶漬けでも食べるかなと思ったら、


今日の蒸し暑さで、白飯様がご臨終してました(何)orz


我が家、親父殿とその知り合い大工さんたちが建てた(親父殿の本業は大工、副業がバイクショップ。現在は副業が中心)壁が土壁なちょっと古風な造りだったりします。

土壁って、夏は涼しく冬暖かい日本独自のよく出来た造りになっておりまして、外がいかに暑かろうと、中はかなり涼しいはずなんですが……限度ってものがあったらしいです。

明日から白飯様は冷蔵庫へ移動だな……

え? 我輩の今日の晩御飯ですか?
冷凍食品の海老ピラフです(何)

よかった、冷凍食品買っといて(涙)


皆様も、食材の傷みにはお気をつけ下さい。最近の気温は、危ない……


追記:冷凍って手もあるのですが、我が家では1日に炊く量が知れているので、冷蔵庫で十分だったりします。突っ込まれる前に補足~(何)
[ 2008年07月04日 21:49 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

幼き頃のヒーロー

幼い頃に憧れていたヒーロー、と言えばさてさて皆さん何を思い浮かべるでしょうか?

我輩の幼き頃には、特撮系ヒーローがかなりその枠を占めてました。
アニメもあったにはあったのですが、やはり実写で動くヒーローの方が魅力的に見えたのでしょう。
今でも実写ヒーローはいろいろいますが、我輩の記憶にあるヒーローは仮面ライダー系でもウルトラマン系でも戦隊ものでもありません。


宇宙刑事シリーズです!


今では、とんと見かけなくなったこの宇宙刑事シリーズ。
我輩が幼い頃はかなりシリーズがありました。

取り分けヒーローとして崇めていたのが、宇宙刑事シャイダー。

宇宙刑事シリーズの一人なのですが、このシャイダーが我輩と愚弟のヒーローだったのです。


いや、かっこいいとかもありましたが……それ以上に夢中になった理由がありまして。

このシャイダー役をやっていた俳優さん、名前を円谷浩さんと言いまして…名字でお気づきになりました?

そう、この俳優さん。なんとウルトラマンの円谷監督の孫に当たる方でして!
ウルトラマンの監督の孫が宇宙刑事ですよ!

って、それが夢中になった理由じゃないんですがね(汗)
なんせ、孫だって知ったのはつい数年前なので。

では、何に夢中になる要素があったのか……それは、実に子供らしくかつ思いこみの激しいものだったのですが……


この俳優さん、うちの親父殿にそっくりだったのです(何)


いや、今よくよく見れば似てるかな~…くらいなんですが。
子供の目には、瓜二つに見えたらしく、我輩と愚弟は「うちの父ちゃんはシャイダーだ!」と完璧に思いこみまして(子供の欲目だと今は思う)親父殿が仕事から帰って来る度に、

「今日、怪人何人倒した?」

と、生き生きと目を輝かせて聞いてましたからね(汗)

親はどれだけ困ったやら……子供ってのは、思い込んだら容赦ないからなぁ……

もちろん、今でも昔ヒーローだったのは誰かと聞かれたら、「シャイダー」って答えられます。


追記:ちなみに、この俳優さん。今はどうしているのかと数年前ネット検索をし、円谷監督の孫だと知り……すでにお亡くなりになっていることを知りました。今更ですが、ご冥福をお祈りします。あなたはやはり、今でもヒーローです。
[ 2008年07月03日 23:57 ] 東雲家の人々 | TB(0) | CM(2)

スレイヤーズ

今から十年以上前、我輩が学生の頃に爆発的ヒットを飛ばした、ファンタジーライトノベルの先駆けたる決定版と言っても過言ではない作品。

角川書店の富士見ファンタジア文庫にて、発売されています。
作者は神坂一さん。今や、ライトノベルの重鎮と言ってもいいでしょう。

我輩、この作品がアニメ化したときに見て、そこからはまったのですが。
ライトノベルから、アニメ化作品が出るなんて、この頃にしてみたら(個人的意味も含め)ありえない事でした。
今では、人気作品なら何でもアニメ化とかドラマCD化とかしてますが、この頃は漫画などが主流だったのです。

そして、弱い主人公が場を重ねて強くなっていくのが主流でもあったこの当時。

この作品の主人公、最強すぎた! いや、最凶すぎた!

内容は、今ではもう当たり前になってしまった剣と魔法の世界の話だったりするのですが、多分今読んでも普通に面白いと思います。

名作は、いつの時代も名作である! (どっかで聞いた言葉で恐縮ですが)

てか、この作品の個性的なキャラクターで、面白くないはずがない。
過去、何回もアニメ化しましたしね。

で、なんで今になって昔のラノベの話なのかって?
ふっふっふ……


祝! アニメ化リメイク放送決定! てか、もう早いところでは今夜放送ですが何か!? (何)


なんと、続編とかじゃないですよ。1からリメイクですよ! 新たに1から開始!
一度アニメ化して、放送されたのだからもう絶対ありえないと思っていたのに、リメイク!!

エヴァの影響ですか? とか邪推はさておき。
東京以下その近辺での放送が決定したのは知っていたのですが、我輩の住んでいるところでの放送がどうなのかが、解らずじまいだったのです。

が、しかし! 今日、こちらでも来週放送されるのを知りえまして!!
もう、狂喜乱舞ですよ!

東京より一週間遅れだとか気にしません(何)
視聴できるだけで感謝感激です!

知ってる人はおめでとう、見たことない人は即見るべきと、おススメします!


今日のおススメ

ライトノベル:スレイヤーズ   著者:神坂一


追記:月刊ドラゴンマガジンにて、新たにこの作品が連載されてます! 必見必見!
[ 2008年07月02日 23:26 ] ヲタな話 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

東雲揺羅

Author:東雲揺羅
「しののめたゆら」と読みます。とある地方に住むヲタ人間で、趣味に生きてます(何)
出身地:桃太郎の郷
属性:ヲタク(好きなものはジャンル問わず)
性格:良くも悪くも正直者で自己中な半野良犬的性格
趣味:いろいろ(最近は造型熱が加速してます)
当面の目標:惰性ながらも毎日更新
座右の銘:情けは人の為ならず、鉄とネタは熱いうちに使え!

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター

時計
応援バナー
絶賛応援中!
羊でおやすみCD応援バナー
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
タベモノ戦線異状ナシ応援バナー
『タベモノ戦線異状ナシ』応援中!
ブログ内検索